オンラインで生配信&見逃し配信
お申し込み受付は2月16日(木)20:10まで


2022年は、数々の波乱材料に翻弄された年でした。新たな変異株の流行、ウクライナ紛争、円安、物価高、世界的な金利上昇など、その多くはいまだに現在進行形です。 一方で新年は、物価高に負けない賃上げや、「兎年は跳ねる」と言われる株価上昇への期待が集まっています。
当セミナーでは、2023年の日本と世界の経済を展望し、「私たちの暮らし」への影響を探ります。講師は、マクロ経済分析に定評のある明治安田総合研究所のフェローチーフエコノミスト、小玉祐一氏です。 ふるってご参加ください。



  1. 2022年の経済および相場見通しの概要
  2. 日本経済見通し
  3. 世界経済見通し



オンライン生配信:2023年2月16日(木)19:00~20:10(70分)
見逃し配信:2023年2月17日(金)~2月23日(木)
参加費:1,000円(税込み)
申込締切:2023年2月16日(木)20:10
定員:400名




・申込締切までに、ページ上部または下部のボタンからお申し込みください(オンラインセミナーの申込受付はPeatixにて行わせていただきます)。
・お申し込み完了後、Peatixのイベント視聴ページ(セミナー視聴用のページ)にアクセスできます。
・生配信、見逃し配信の視聴およびレジュメに関するご案内はイベント視聴ページに掲載しております。
・見逃し配信は配信期間中、繰り返し視聴できます。
・Peatixの推奨ブラウザは、Google Chromeです。

※Peatixはイベントの開催告知から決済までを一貫して行うアプリです。
Peatixヘルプはこちら





小玉祐一(こだま・ゆういち)氏
(株)明治安田総合研究所 フェローチーフエコノミスト


1987年慶應義塾大学商学部卒。同年明治生命保険相互会社入社。1995年4月に経済企画庁(現内閣府)へ出向。1998年4月に帰社後は一貫してエコノミスト畑を歩み、2020年より現職。 経済分析レポートを公式ホームページに掲載。週刊エコノミスト等、経済専門誌には、これまでのべ200本以上の原稿を寄稿。現在も同誌で金利見通しを定期連載中。2022年はフジテレビの「めざまし8」にレギュラー出演。 その他、民放、NHKの各報道番組等、TV出演歴も多数。年間の講演回数は大小合わせて100回前後に及ぶ。
著書に、「経済経営用語辞典」日経BP社(共著)、「プロフェッショナル用語辞典 経済・金融」日経BP社。

主催:生活設計塾クルー
協賛企業:全国生活協同組合連合会 損害保険ジャパン

※本件のお問い合わせはこちらまでご連絡をお願いいたします。

【Zoomのご利用について】
 ・すでにご利用の方は、最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
 ・視聴環境(通信・デバイス)によってご覧いただけない場合もあります。
 ・視聴にかかる通信費等は視聴する方のご負担となります。
 ・何らかの理由で通信が中断してしまう可能性があることをご了承ください。
 ・Zoomウェビナーの設定や視聴方法などに対するサポートはいたしませんのでご了承ください。


※Zoomをはじめてご利用の方へ
 ・視聴にはZoomアプリをダウンロードしていただく必要があります。

▽ アプリのダウンロードはこちら

  


※次回以降のクルーセミナー開催のご案内を希望される方はこちらからメールアドレスをご登録ください。
※クルーセミナーの企画意図や過去の開催実績についてはこちらをご覧ください。


主催/生活設計塾クルー   協賛/全国生活協同組合連合会 損害保険ジャパン